2022年1月13日(木) 高齢者大学講座

 教養課程   【オープンカレッジ】         


  「人生100年時代のシニアルネサンス」
         国際関係学博士 元芦屋大学教授
                       楠本 利夫 さん 
 
   


 「人生100年時代」は「人生二幕時代」である。
 第一線を退いたシニアの人生は、余生、消化試合ではなく、「人生本番の第二幕」である。
 シニアは人生第二幕を楽しみ、輝いて生きる。
 シニアが人生第二幕で「脳と身体の健康」を維持して人生を楽しみ、
趣味、学び、就業、社会活動等で生きがいを追及すれば、社会が活性化・魅力化し、
社会保障費節減、有効需要創出等に寄与する。・・・

  と、熱く語られました。
                                                                      
  (内容)
    1  シニアが輝く人生の第2幕
    2  日本老年学会の提案(2017年)
    3  超長寿社会を「シニア活躍社会」に
    4  公的生涯教育機関:高齢者大学(「シニア大学」)の意義
    5  シニアの運転免許 : 「車は進化・運転能力は劣化」
    6  生涯現役で人生第二幕を楽しみ輝く:長寿だけではもったいない 

 

 

専門課程
 

   午後の専門課程は、4学科5課程に分かれて専門性を向上しています。              

園芸学科
  「野菜作り(5)」
             元県農業改良普及員
                        小田 芳三 さん 
       

健康福祉学科
   「最後まで自分らしい人生を送るために」
            関西国際大学保健医療学部
                  准教授  谷口 由佳 さん 
       
                                                   

情報学科
  「挨拶状を作成しよう」  
             パソコンインストラクター
                        宮脇 哲夫 さん 
       
  

文化学科(古典)
  「源氏物語・宇治拾遺物語(10)」
             元県立高校教諭
                      黒田 久美 さん 
       
  

文化学科(郷土史)
  「三木合戦について」
             三木市文化財保護審議会委員
                       宮田 逸民 さん