2022年2月8日(火) 高齢者大学講座

 教養課程  


  「暮らしに役立つ天気予報の見方」
               気象予報士
                       栗原めぐみ さん 
 
   

   「天気予報の見かた」として天気予報についての裏話を聞かせていただきました。
     ・ 所により・・・とはどのくらいの範囲?
     ・ 降水確率何%以上の時に傘を持っていくのがいい?
     ・ 晴れとくもりの境目は?
   言葉ひとつひとつに違った意味があるのがよく理解できました。
    

   午後は、自治会臨時総会と学年集会を行いました。

2022年2月24日(木) 高齢者大学講座

 教養課程  


  「手品・腹話術を楽しもう」
             みっきい生涯学習講師
                       森脇 博文 さん 
 
   

   手品はいつ見ても楽しいものです。
  手先の器用さだけでなく、話術も必要となるので高齢者の中で人気です。
  手品教室へ通っている方もたくさんおられます。
  森脇さんの手品と腹話術を見て、みんな元気をいただきました。
  


2022年3月8日(火) 高齢者大学講座
 教養課程  


  「大災害を乗り越えるための心構えと行動」
     ~このコロナ禍で突発的な自然災害に我々はどう対応すべきなのか~
      兵庫県広域防災センター防災教育担当
                       田中 健一 さん 
 
   

   三木市で起こり得る大規模災害は、
       ・山崎断層帯地震
       ・南海トラフ巨大地震に伴う津波
       ・台風による広域豪雨
       ・集中豪雨による土砂災害
                 あるいはこれらの災害のくみあわせである。
   防災において大切なのは、地域で起こり得る災害についてしっかり理解し、対策をうつことである。・・・
   地域のおける防災リテラシーとについて話を聞き、防災と危機管理について学びました。

 

2月24日(木)と3月8日(火)の午後は、
 専門課程の園芸学科、健康福祉学科、情報学科、文化学科(古典と郷土史)の5つの学科を
 開設しました。