2020年度 学友会会長挨拶


 
新会長 25期 荻田俊一 

 新会長挨拶

学友会の皆様には日頃より、学友会事業に関しご支援と、ご協力を賜り、御礼申し上げます。前任者の濱渕会長より、このたび重責であります会長職を引き継ぐ事になりました荻田俊一でございます。
思えば昨年、年号が令和に変わり国民全て新しい気持ちで「令和2年」を迎えた途端、「新型コロナウイルス」の感染が広がり始め、
2月以降爆発的に日本をはじめ世界中に広がりました。
日本では「緊急事態宣言」が、発せられ不要不急の外出自粛に伴い、全ての行事を行う事が不可能となりました。
学友会では、「第16回学友会定期総会」が中止になり、審議事項を後日、書面及びメールにて会員皆様にご連絡し、ご承認頂きました事、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。また、会員総数は本年卒業されました
27期生32名が加わり、381名となりました
。さて、二ヶ月以上にわたった新型コロナウイルスとの闘いも兵庫県では5月21日に緊急事態宣言対象区域から解除され、一部の施設を除き休業要請が解除されました。ただ解除は「出口」でなく、次の感染拡大の第2波に備える為の「入り口」との考えの様です。学友会の行事再開にあたっては、「新しい生活様式」の実践を心がけ感染に十二分に注意を払い、会員皆様と共に楽しく運営していきたく考えております。学友会は発足後16年となります。諸先輩方が築き上げてこられたよき伝統を引き継ぎ皆様と共に想い出に残る一ページを積み重ね、学友会の更なる発展と皆様のご多幸を祈念し、就任のご挨拶とさせて頂きます

          会長 荻田俊一 (25期)